しまむら・西松屋セール好き節約ママの妊娠・出産準備と子育てブログ

育児びっと|妊娠・出産準備子育てママのブログ

小雪の出産で話題!韓国の産後調理院とは?見学ツアーに行ってきました

      2016/06/09

小雪の出産で話題!韓国の産後調理院とは?見学ツアーに行ってきました

この記事の目次1 小雪さんの出産で話題の韓国産後調理院とは?2 日本の産後ケア施設と韓国の産後調理院の違い3 小雪さんが利用した韓国の高級産後ケア施設の料金は? …

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

西松屋の99円底値セール時期はいつからいつまで
【西松屋夏物セール2019年】いつから?99円底値の時期-最新情報

2019年西松屋セールはいつから?99円・底値・最終処分の開...

本物エルゴ抱っこ紐セール
【2019年開催中】エルゴ正規品が80%OFF!ダッドウェイセール

 最新情報  ⇒開催中のエルゴDADWAYセールを今すぐチェ...

【夏の授乳対策】すぐできる!暑いを涼しいに変える簡単テクニックまとめ

毎日暑い!夏の授乳はママも赤ちゃんも汗だくで大変ですよね。 ...

しまむらバースデイひみつ戦士ファントミラージュなりきりグッズ
しまむらバースデーのファントミラージュ|なりきりコスチューム写真付きで紹介

しまむら・子供服バースデーで、ひみつ戦士ファントミラージュな...

カンドゥー攻略法クーポン予約方法やキッザニア比較
【カンドゥー攻略法1】キッザニア比較・割引クーポン予約方法の裏ワザ

子供が仕事体験できるテーマパーク「Kandu:カンドゥー」に...

卒園式・入園式ママのファッションコーデ|恥をかかないマナーNG・OKポイントまとめ

卒業式が終わり入学シーズンが近づいてきましたね♪我が家も今年...

【期間限定半額】牛乳嫌いの子供も飲めるマルサンアイ豆乳の日キャンペーン3月21日まで

期間限定!半年に1度の大SALE 豆乳+12本が12円で買...

女の子の入園式コーデ服装を選ぶポイント
女の子の入園式服装はこれが正解!子供服を選ぶポイント写真付きで公開中

4月は入園・入学シーズンですね。 ハレの日は可愛い服を着せ...

雛人形は二人目の女の子にも必要?うちの姉妹は名前旗で解決しました!

もうすぐ3月3日雛祭りですね。 「雛人形 二人目」で検索い...

【2019年2月20日は出産ラッシュ】満月やスーパームーンにお産が急増する理由

「満月の日はお産が多い」これは助産師さんから聞いた本当の話で...

【着画あり】節分衣装リアル鬼を買いました|大人用コスプレの口コミ

2月3日は節分です。そろそろパパ・ママは鬼のお面・衣装をどう...

RISUきっずタブレット学習で小学校入学準備を先取り
年中5歳児タブレット学習の先取り効果は?RISUきっず2か月経過

幼稚園児(年中:5歳)が算数タブレットRISUきっずを始めま...

赤ちゃんの部屋へ寄稿した100均ダイソーお正月グッズ
「赤ちゃんの部屋」に100均ダイソー記事を寄稿しました!

この度、妊活・妊娠・育児メディア「赤ちゃんの部屋」さまに、1...

人気の出産内祝い3選|高評価レビュー4.5以上のお返しギフト

出産内祝いの準備は、妊娠中にやっておきましょう!! 産後は...

算数タブレットRISUリス小学生の体験談
RISUタブレット学習|算数嫌い小学2年生の体験談。効果や料金は?

「算数タブレット学習のRISU(リス)」を算数嫌いな小学2年...

しまむらサンタ服のレビューと品番・値段
【しまむらサンタ服】種類は?実際に着た口コミ・写真付きレビュー

<しまむらサンタ服の種類・価格・品番情報・購入レビューを写真...

ローソンゴディバ秋の新作スイーツの感想
ローソン×ゴディバ2018秋の新作スイーツ|モンブランとケーキが美味すぎた

ローソン×ゴディバ2018新作スイーツのショコラモンブラン・...

カンドゥーのアクセス方法バスでイオン行き方
カンドゥーのアクセス方法・入場のコツ|100円バスで海浜幕張駅からの行き方

千葉県にある子供の職業体験テーマパークkandu(カンドゥー...

【赤ちゃん虫よけスプレー】生後0ヶ月の新生児からOK~おすすめ天然ディートフリー虫除け

一般的な虫除けスプレーは6ヶ月未満の乳幼児に使うのは危険です...

泣ける絵本ちいさなあなたへレビュー
【感動おすすめ絵本】ママが号泣する「ちいさなあなたへ」

子育てを頑張っているママに読んでほしい感動の絵本「ちいさなあ...

スポンサーリンク

小雪さんが第3子妊娠、7月に出産と話題ですね。

小雪さんといえば、第2子の出産&産後を韓国で過ごし日本でも話題となった韓国の産後ケア文化。

興味はあるけど、実際どのようなものなの?日本人でも利用できるの??
韓国の産後ケア施設については、まだよく知られていない状況だと思います。

韓国式女性医療コース開発パワーブログファムツアー出迎え

韓国の産後ケアを体験!子連れ韓国招待旅行の概要】に書きましたが、昨年「韓国観光公社」主催の「韓国産後ケア見学ツアー」に女優の大桃美代子さんらとともに招待いただきました。

今日は韓国の産後ケアの事情と小雪さんが利用した超セレブ産後院【ド・ラマ産後ケアセンター(DeRAMA)】はどんなところなのか?をご紹介します^^

小雪さんの出産で話題の韓国産後調理院とは?

出産後の韓国産後ケア

韓国では産後ケア施設を、産後調理院(サヌチョリウォン)といい、産後の心身の回復を目的として利用する施設です。
※「調理」には「体を整える」という意味があります。

現在では、韓国の約80%以上のママが何らかの産後ケア施設を利用しています。
見学ツアーを企画されたイッツコリアの代表チェさんの話によると、妊娠すると「産後院はどこにしたの?」が挨拶になるほど韓国では産後ケア施設の利用が「常識」なんだとか。

日本の産後ケア施設と韓国の産後調理院の違い

日本にも、世田谷区のように公的補助が受けられたり
まだまだ数は少ないですが産後ケアセンターはありますよね。
>>日本の産後ケア施設一覧(日本産後ケア協会ウェブサイト)

日本で初めての韓国式の産後ケア施設
「Mammy Camp TOKYO BAY」についてはこちらの記事に書いてます↓
>>【母乳育児をしたいママ必見!マミーキャンプ東京ベイの母乳授乳外来


韓国の産後調理院が日本の産後ケア施設と大きく違う点は、産後で疲れたママの心身をリフレッシュするマッサージやエステなど出産前より美しくなるサービスが充実していること。

一般の人が利用する産後調理院(アモリウム産後ケアセンター)もですが、特に小雪さんが利用したような高級産後ケア施設はまるで高級ホテルのような設備なんですヾ(*゚Д゚*)ノ゙

小雪さんが利用した韓国の高級産後ケア施設の料金は?

韓国の超高級産後ケアセンタードラマ産婦人科クリニック利用の韓国芸能人

一般的な産後調理院の場合(ソウル)、1週間20~40万円、2週間30~50万円。

小雪さん以外にも、チャン・ドンゴンの奥さまなど超セレブご用達の「ド・ラマ産後ケアセンター(DeRAMA)」の場合は、出産(普通分娩)2泊3日で30万円。2週間の滞在で+150~220万円かかります!!

ちなみに一般の方も予約すれば利用できるそうですが・・・金額的にムズカシイよね??(笑)

利用はできないけれど、どんな施設か気になりませんか?
施設内部を見学してきたので写真と一緒に紹介します^^

※小雪さんは出産日近くに別の施設へ転院されたそうでド・ラマ産後ケアセンターでは出産はしていないそうです。

小雪も利用した「ド・ラマ産後ケアセンター」施設内部の写真

小雪、チャン・ドンゴンなど有名芸能人ご用達。韓国のド・ラマ産後ケアセンター

B1の入り口


  • 3F~5F 産後調理院
  • 6F 産婦人科
  • 7F スパ
  • B1 外来診療センター(産婦人科/小児科/整形外科/皮膚科)

施設の中に入ると、ふわ~っとイイ香り♪一歩足を踏み入れただけで違いがわかりました(笑)

小雪も利用した韓国の産後院の内部はホテル仕様
廊下には「家族」をテーマにした絵画がたくさん! ホテルのような韓国の産後調理院ドラマ産婦人科クリニック

応接室も素敵です^^

小雪が利用した韓国の産後ケア施設を見学

ゆったりとしたエステルーム♪

韓国の産後ケア。芸能人も利用するDERAMA産婦人科クリニック屋上庭園

屋上にはプライベート庭園もあります

ドラマ産婦人科クリニックの美人院長は4人のママだった

院長先生と記念撮影♪
近くで見てもお肌がプリプリの院長先生は、なんと4人の子持ちで40代のママさん!!

超高級!韓国産後調理院の最高峰「ド・ラマ産後ケアセンター」

見学したド・ラマ産後ケアセンターの優れている点は

  • プライベート重視!
    診察~出産など、移動せずに全て各部屋できる設計。
  • 大学病院との連携バッチリ!
    向かいに大学病院があるのでNICUに救急搬送が必要時も迅速に対応ができる。
  • 各スペシャリストの先生が在籍
    産婦人科はもちろん小児科、麻酔科、皮膚科専門医がいます。
  • 女性に優しい先生は全て女医さん
    産科に1人、日本語が堪能な先生がいます。⇒ド・ラマ産後ケアセンターの先生たち
  • リフレッシュ施設
    350坪の天然岩盤スパ施設
  • からだの悩みも相談できる
  • 出産・産後ケアの他、お肌の管理、体型・骨盤管理、女性の外陰部、膣の管理などの相談もできます。

※驚きの膣整形はこちらの記事に書いてます↓
[blogcard url=”https://ikuji-bit.com/blog-entry-528/”]

韓国の産後調理院では、日本からの利用者が増えており、FAMツアー後に参加ブロガーの紹介で実際に韓国の産後ケアを受けた日本人ママもいます。

言葉に不安がある方は、通訳付きパッケージもあり。5泊6日25万円~(通訳・宿泊・赤ちゃんのケアなど含む)
詳しくはイッツコリアエイジェンシーさんへ問い合わせてみてくださいね。

*イッツコリアエイジェンシー*(電話・メールすべて日本語でOK)
E-mail : itskorea88@naver.com
TEL : 82-55-232-7488 , 82-51-746-9935
FAX : 82-55-232-7688 , 82-51-747-2015

韓国の産後ケア見学ツアーに参加した感想

出産後の赤ちゃん寝顔

今日紹介した韓国「ドラマ産後調理院」はお金に余裕がある人向けですが、【アモリウム産後ケアセンター】など韓国には一般人が利用しやすい産後院がたくさんあります。(郊外の釜山(プサン)だと1週間15万円くらい)

慣れない赤ちゃんのお世話は本当に大変!!
晩婚化で、出産する頃には親の介護問題や私のように実母が他界しているケースも多いですよね。

今回の見学を通じて感じたことは、出産という一大イベントを迎えるにあたって総合病院・産婦人科・助産院・自宅出産に加えて、韓国での出産も選択肢の一つとなるのではないかということ。

エステやマッサージが充実しているので、大変な時期を乗り越えた自分へのご褒美旅行をかねてという考え方もありますよね。

何よりも、母子共に出産後にやすらぎの時間を過ごせる方法を自分の価値観とライフスタイルに合った形で選択することが大事なのかなぁ~と思いました!

韓国産後ケアのツアーレポートは全記事はこちら↓
[blogcard url=”https://ikuji-bit.comcategory/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%94%A3%E5%BE%8C%E3%82%B1%E3%82%A2%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC/”]

 - 韓国産後ケア見学ツアー , ,

ページ
上部へ